スポンサーリンク

【旅行記】雄大な夏の自然と鉄分の補給をする2020年夏の北海道旅行-その4-

旅行記

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
2020年7月に行った北海道の旅行記、最終章です。
前回までの記事は下記よりご覧ください。

スポンサードサーチ

2020.07.25(4日目・最終日)

さて、この日は北海道旅行最終日。予定では襟裳岬・日高方面へ向かってから千歳へと抜ける予定でしたが、、、
天候が微妙。。。ということもあり計画変更です。

スポンサードサーチ

撮影をしながら、北海道内を北上します。

まずは、道東道を走り、、

トマム駅です(^^;
釧路行特急「おおぞら」1号を狙いにやってきましたが、、、いい場所がなく時間切れであえなく「トマム」駅へ

スノーシェルターから飛び出る「おおぞら」

側面のLED表示は更新されてしまい、加速時のタンチョウが飛び立つような光景は見れなくなっています。。
トマム駅からは北上し、、、

札幌からの「フラノラベンダーエクスプレス」をまたまた撮影。
時間がちょうどあったのもあり、ラッキーでした。

北海道らしい写真が撮れた、、、気がします。(笑)
石北本線 桜岡-北日ノ出間

道の駅巡り(スタンプラリー)始まりの地へ

もちろん、、グルメや道の駅巡りも欠かせません。。(笑)
何年か前に始めた「道の駅スタンプラリー」の始まりの地へ向かいます。

〒074-0000
北海道深川市音江町広里59−7

国道12号線沿い、かつ道央道深川ICからも近くてアクセス抜群な「道の駅ライスランドふかがわ」

「ライスランド」というほどなので、、、気になりますね。。

レストラン「味しるべ 駅逓」は、「道の駅」の2階にあります。

訪れたときのおすすめメニューは「究極の卵かけご飯」とのことで注文してみます。

釜めしに、新鮮な卵。それに羽幌産の甘えび、北海道産の鮭といくらの盛り付けがあり、卵かけご飯だけでなく、いろんな食べ方が出来る逸品。

釜めしの白米は、、ツヤッツヤで匂いや見た目からおいしそう。もちろん、おいしかったんですけどね。

もう、、、絶品な逸品、いや、なんて言えばいいんでしょうか。。。
北海道って基本ハズレはないと思っているんですが、、アタリの度合いが飛び抜けすぎて、、、驚きの連続でした。。(笑)
1,100円で頂ける「究極の卵かけご飯」。期間によってメニュー内容は販売内容も異なるとは思いますが、、ぜひご賞味ください。

同じ「道の駅ライスランドふかがわ」で販売されていた「ふかがわポーク」
こういうのに筆者は弱いので、、、

買っちゃいました。。
超細長い、、、(笑)
ところどころにペッパーも入っていておいしいんですよね。。。
絶品な「究極の卵かけご飯」を食べたのにも関わらず、別腹で食べちゃいました。

スポンサードサーチ

最近オープンの「道の駅るもい」

深川留萌道が全通し、アクセスが向上した留萌に新しく「道の駅るもい」が誕生していたので、行ってみました。

広大な土地(防災公園のようなところ)の一角に建つ「道の駅るもい」

中には、ちょっとしたワークスペースやら、「木のボールプール」。
木のボールプールで思い出す方もいるかもしれませんが、、、きっとあの方のデザインは噛んでないとは思います。。。

即席?感の溢れるカフェも併設されています。

2階にあがると、、、広々としたスペースと、、、

屋上デッキがあり、、のんびりまったりと過ごすことができます、、、がソーシャルディスタンスなのかちょっとイス・テーブル少なすぎません?(笑)

ちょっと変わってたり、嬉しい自販機もありました。
いざって時にいいですよね。

食事は、、、プレハブ小屋が何軒かある程度です、、、
ちょっと期待して行っただけにがっかりが大きかったですが、、、今後の発展に期待ですね。

帰路につきます。

内陸へ向かうにつれて天候がよくないのと、、、新千歳空港でのお買い物タイムのこともあり、帰路につきます。

スポンサードサーチ

新千歳空港までの最後のPA・道央道「輪厚PA」

時間に余裕があるからこそ寄りますが、、、札幌方面から向かうと新千歳空港までで最後のPAとなる、道央自動車道・輪厚PAへ寄ってみました。

わっつ?「whats?」…「WATTSU」なのかはわかりませんが。。。
なんだかおしゃれなPAです。

テナントが5つ入店していますが、、、
ここが最後と思うと寂しくなる、、、

「セイコーマート」の「HOT CHEF」も入っています。

フードコート「きたみちFoodCourt」

豚丼やカレー、ラーメン、うどん、しらす丼などがあります。

「Wattsu my Kitchen」では、ソフトクリームなどを販売していました。

新千歳空港で、北海道最後の晩餐

北海道から飛び立つときのご飯、、、フードコートの「松尾ジンギスカン」。

もちろん「サッポロクラシック」つきです。

新千歳空港内には、自分で焼くスタイルの「松尾ジンギスカン」もありますが、、疲れた体にはまったりフードコートで出来たものを提供してくれる方がいいと判断。
自分で焼くスタイルは、また「サッポロビール園」で行きたいですね。

スポンサードサーチ

帰りの飛行機は国際線機材

「ANA Lounge」でも「サッポロクラシック」を頂いてから、羽田へと飛び立ちます。

札幌・千歳20:30→東京・羽田22:10 ANA82

この日、まさかの国際線機材でした、、、搭乗記は下記よりご覧ください。

3泊4日でも、、、足りないような気がする北海道旅行。しっかり撮影もグルメも楽しめた4日間でした。。。
また、、、北海道に行けますように。。。。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました