スポンサーリンク

【京都府・京都市】都シティ近鉄京都駅 [ツインルーム]

近畿地方

みなさん、こんにちは。
先日、京都に弾丸で旅行に行ってきました。
お世話になって、またたくさんのご縁があった「志国高知 幕末維新号」が「京都鉄道博物館」で展示、また2月1日には、ガイドを務めた「高知県立伊野商業高校」の生徒による疑似ガイド実施と、行かねばならない!と思い、京都入りを決めました、、、が、

京都はホテルがたくさんありすぎて、どこに泊まっていいのかわからない!

事実、私自身そうなっていましたが、泊まってみたかったホテルでもあったので、「都シティ近鉄京都駅」を選んでみました。

ちなみに、その「京都鉄道博物館」の記事はこちらから

スポンサードサーチ

どこにある?

JR・地下鉄・近鉄「京都」駅から直結。
東海道新幹線中央改札口・近鉄京都線改札口から徒歩1分
JR京都駅「烏丸口」から徒歩約5分(すべて屋根あり)
公式サイトはこちら

京都駅の直上にあり、非常にアクセスが抜群なところですが、その分お値段も、、、、(^^;;;
ちょっと頑張って泊まってみました。

スポンサードサーチ

エントランス

ちょっと趣のあるエントランスです。
京都駅近鉄八条口を入ると、このようなエントランスになります。

エントランスの扉をくぐると、このように京都らしい「和」のテイストが取り入れられています。
京都駅から直接ホテルに向かった方にも京都らしさ、、を感じることができますね。

ロビー

今回宿泊した部屋は3階です。エレベーターホールにはこのような案内が。モダンな雰囲気です。

エレベーターの真向かいには、自動販売機と製氷機の用意がありました。カップ麺の自動販売機まで設置されています。

スポンサードサーチ

今回宿泊したのは、「ツインルーム」

ホテルは、1人利用でも2人利用でも、ダブルもしくはツインルーム以上しか用意されていないようです。
まぁ、、、ビジネス利用よりもレジャー利用のほうが多そうですしね。。

ちなみに、入ってすぐの様子です。ユニットバスの目の前に鏡が装備。外出前に身だしなみを確認できていいですね。

入ってすぐ振り返った景色。
コート掛けやクローゼットなどがなくスッキリした印象。

ベッド・ヘッドボード

1人利用なので、パジャマは1つしか用意されていませんが、もちろん2人だと2つ用意されます。

この客室、コンパクトな作りながら、いろいろと考えられており、、、ヘッドボードの裏にコートハンガーなどの装備が。

ものすごくわかりにくいかも知れませんが、、、
コート類を客室の見える部分から隠す、、、かつ便利に使うためにはこのような配置になったんでしょうかね。デザイナーさんの苦労が伺えます。。。

ちなみに、スリッパ・靴ベラ・ラゲージトレイはハンガーの下に置いてありました。

ヘッドボードには、各ベッド用のランプ、AC100Vのコンセントが1つずつ装備。
ちょっと前の開業だったので、USBポートの装備ではありません。枕元でUSB関係の機器を使用する場合は、充電器等が必要ですね。
こういったときにおすすめは、以前記事にした「EwinSmart Power Strip」です。
AC100VのコンセントからさらにAC100Vが3ポート分配される上に、DC5VUSBポートまで装備される優れものです。
レビュー記事は下記より

スポンサードサーチ

デスク周り

ちょっと脱線してしまいましたが、、、
続いてデスク回りです。

遠景です。
コンパクトに収められています、、、驚いたのは、書斎等にもなるテーブルです。

大きな丸い鏡がドーンっと設置されています。

引き出しを出しているのもありますが、書斎部分だけわざわざ出っ張っています。
(イメージとしては天板をさらに1枚載せたような形)
ちなみに、引き出しの中には約款やランドリーサービスの袋、LANケーブルなどです。

天板部分には、サービスのナチュラルミネラルウォーター、LANケーブル、AC100Vコンセント2つ装備されていました。

右側に移動し、、、テレビはMITSUBISHIの24インチ程度もの。
机の下には、、、

引き出しを開けると、、陶磁器で作られた湯呑、サービスの緑茶パック、
下段には、アイスペールとタイガーの電気ケトル「PCH-G060-WP」があります。

隣には冷蔵庫、、、ちょっと奥行きちっさすぎませんか。。。(笑)
本当にお気持ち程度、、500mlのロング缶は立てれば入るけど、そんな大量には入れれない、、

加湿空気清浄機はシャープ「KC-M501」。法人モデルなのか、、と思いつつ市販されているものとほぼ変わらない性能です。

バスルーム

ユニットバス、、ですが外国の方の利用も想定されているのか、広めです。
便座の上部分に、ドライヤー・アメニティ類が装備。AC100Vのコンセントも装備されています。

シャンプー類は補充式ですが、POLAのものだそうです。好みがあればご自身のやつを持参したほうがいいかも知れません。

使用後の写真で申し訳ないですが、、、蛇口から流す水は湯量が調整できるタイプ。
このタイプを採用しているの、久々に見ました。ちゃんと使用すればお湯を張るときに溢れる心配もないですしいいですよね。

いつも気にしている、何気に大事なドライヤー。
Panasonicの「EH-NE48」でした。
Panasonic独自のionty搭載で風量も必要十分。これ以上のものを求めるなら持参したほうがいいですね。

スポンサードサーチ

その他・Wi-Fi

ホテルステイで大事なのはWi-Fi環境も、その一つですよね。
夜の宴から帰ってきてそのままバタンキュー状態だったので朝の測定です。
時間帯などによっても異なります。。

左は所有しているトラベルルーター「WMR-433W(リンク先はWMR-433W2)」を使用したLANポート経由のWi-Fi測定結果。
右がホテルが無料で提供しているWi-Fiより測定結果。
結果は有線のほうが、圧倒的に早いですが、ホテルのWi-Fiも遅すぎるわけでもなく使えるものでもあります。
※時間帯等混雑によって上下に変動することが考えられます。

室内の空調は一括管理、、ではなく、好みの設定ができます。(暖房時期でも冷房選択可能)

部屋の空調、電源は一括でカードキー挿入で入り切りです。ここは、他のホテルと大差ないですね。

スポンサードサーチ

まとめ

新幹線・JR・近鉄各線から直結で雨が降っても濡れる心配のない、「都シティ 近鉄京都駅」。
トレインビューも楽しむことができ子供連れから大人まで大満足。
京都には大量のホテル・旅館がありますが、一度泊まってみる価値はありますね。

JR・地下鉄・近鉄「京都」駅から直結。
東海道新幹線中央改札口・近鉄京都線改札口から徒歩1分
JR京都駅「烏丸口」から徒歩約5分(すべて屋根あり)
公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました