スポンサーリンク

【京都府・京都市】変なホテル 京都 八条口駅前 [トリプルルーム]

近畿地方

みなさんこんにちは。旅行のとき、ホテル選びって大変ですよね。
それが、京都になるともっと大変になるんですよ、、、ホテルが多すぎて。。。
先日、京都へ行った記事は下記よりご覧ください。

ホテルが非常に多い京都市内ですが、このイベント関連でやっぱり便利なところ、、、を考えた結果、前泊は「都シティ 近鉄京都駅」に宿泊。
その時の記事は下記より。

イベント当日、京都鉄道博物館での見学を終え、夜の宴、、、翌日の行程を考えると、京都に宿泊、、、ということになり、たまたま空いていた今回のホテル、、、「変なホテル 京都 八条口駅前」をご紹介します。

スポンサードサーチ

どこにある?

〒601-8004
京都府京都市南区東九条東山王町15

JR在来線からは、徒歩約7分。出口により多少前後します。
新幹線八条口改札からは徒歩約4分
京都市営地下鉄烏丸線「京都」駅から徒歩約5分
近鉄京都線からは、約5分ほどでホテルに到着します。

八条口を降りて、東方向へ進むと、「竹田街道」と交わり(「竹田街道八条」交差点)、、その先に「変なホテル 京都八条口駅前」があります。

公式サイトはこちら

スポンサードサーチ

エントランス… 噂通りかそれ以上の驚き。。

チェックインカウンターにも、しっかりと変なホテル…の表示が。
ですが、、、、

えぇ、噂通り恐竜がお出迎えです。しかも。ちょっと京都らしい「和」のテイストを取り入れて。

もちろん、お手を触れないでください。。。
ですが、ここで(手前にある液晶ペンタブレットで)記帳後チェックイン機で精算、カードキーを受け取ります。ちょっと対人ではないので不安要素もあるかも。。。

そんな驚きを受けながら、エレベーターで指定された部屋の階へと向かいます。

各階には、京都らしい(?)「ピクトグラム」が表示されています。
ちなみに、3階は「ファイテンルーム」となっています。あの「ファイテン」と手を組んでるってことですよね。。。

今回宿泊は、「トリプルルーム」

最近のホテルの雰囲気といえばそれまでですが、しっかりと京都らしさも取り入れれています。
ベッドは、100cm×195cmと、小ぶりなシングルベッドが3台並んでいます。

もっとも、壁掛けされているテレビ側が「らしさ」を感じるかも。。。
木目調のモダンな雰囲気。しっかりと考えられているホテルだなと感じました。

スポンサードサーチ

ヘッドボード

ヘッドボードには、ベッド上の照明、部屋の照明、入り口照明のスイッチのほか、
DC5VUSBポートとAC100Vコンセントが左右に装備。枕元で操作できるよう最近の時代の流れをくみ取った設計になっています。

ちなみに、こちらは一番端のベッド用のポート。小ぶりですが、しっかり配慮されています。

書斎・デスク回り

書斎等にも使えるテーブルの下には、サービスのお茶と陶磁器でできた湯呑が。
こういった装備が、京都「らしさ」を感じるのかも知れません。
下段には、電気ケトルが装備されていました。

椅子を挟んで右側には、金庫と冷蔵庫。そして加湿空気清浄機も。

この金庫、驚いたのが、丁番でそのまま扉がつけられている、、、防火性能は皆無でしょうけど、デザインを重視した形ですね。
冷蔵庫はもちろん空。特になにも入っていませんでした。

加湿空気清浄機の背面には、しっかりとAC100Vコンセントが2つあります。カメラなどの大物のバッテリー充電器はこういった邪魔にならないところで出来ていいですね。

デスク天面には、観光パンフレットとタブレット、さらにスマートフォンが。
左のタブレットは、観光や飲食店などの情報・ホテルの約款などの閲覧、さらには、照明やエアコンの調整もこのタブレットで可能です。
そして右のスマートフォンは、「Handy」。滞在中自由に使えるスマートフォンらしいですが、、、ここでは「内線・フロント」用の電話として置かれています。
ようは、内線電話はないからこれ使ってね。ってことですよね。(笑)

ちなみに、この裏にも隠れていまして、、、
AC100Vコンセント1つと、DC5V1.5AのUSBポートが装備されていました。

スポンサードサーチ

バスルーム・水回り

なんとこのホテル。全室で「バス・トイレ」別。
一緒にホテル泊まる人が友人等であっても気を遣うことなくゆったりとお風呂に浸かれたり、何かと嬉しい装備です。

向かって左手がトイレ。正面が洗面所・お風呂場です。

お手洗い

ぽつーんと見えますが、非常に広い。実家のトイレよりも広いです。

水回りはTOTOで固めてるのかわかりませんが、ウォシュレット(温水洗浄便座)つきです。
せっかくタオル掛けがあるのに、ここにタオルはありませんでした。。
うーーん、もったいない。。

洗面所

こちらは洗面所。
すぐ横がバスルームとなっており。ドライヤーとタオル類は流しの下にあります。

アメニティ類・コップ等は洗面台のすぐ右手にあります。
洗面所にゴミ箱がない、、、これも惜しい点ですね。。

ドライヤーは袋に仕舞われていましたが、「TESCOM TID425」です。(もう廃盤商品でしょうか)
風量は、、うーーーん微妙・・(笑)まぁ、ドライヤーも好みや拘りがありますからね。。。

バスルーム

非常に広々としたバスルームで、旅の疲れを癒すことができます。
特に、変な臭い等もなく快適に疲れを癒せます。

蛇口は湯水混合の温度調節かのうなタイプです。最近増えてきましたが、このタイプでないとなかなかいい温度に調節できなかったりで、、大変なんですよね。(笑)

シャンプー類はPOLAのもの。シャンプーの色が青色で大丈夫か?と思いましたが、実使用には全く問題ありません。気になる方は自分の物を持参しましょう。

その他

空調は、個別で設定可能。冬場でも暑いときは冷房やドライが使用できました。
その下にはハンガー掛けがきれいに並べられています。

足元には、消臭スプレーや、靴ベラ、ここには写っていませんが、使い捨てスリッパも用意されていました。

ホテルで使える無料Wi-Fiです。LANポートはありませんでした。
左が日付が変わる直前の23時台。ピーク時間帯でもありますので非常に混雑しており、使えたものではありません。
逆に翌朝8時台の測定では、非常に快適に使えます。
夜は仕事とか動画閲覧するにはしんどいスピードですが、朝は問題なく使えそう、、ってところですね。

スポンサードサーチ

まとめ

バス・トイレ別でかつ、京都駅八条口からも近く話題の「変なホテル」。
京都には乱立する多数のホテルがありますが、利用シーンに合わせて検討してもいいかもしれませんね。

〒601-8004
京都府京都市南区東九条東山王町15

JR在来線からは、徒歩約7分。出口により多少前後します。
新幹線八条口改札からは徒歩約4分
京都市営地下鉄烏丸線「京都」駅から徒歩約5分
近鉄京都線からは、徒歩約5分

公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました