スポンサーリンク

【旅行記】 「SLやまぐち」撮り乗りと福岡グルメの旅-後編-

旅行記

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
先日行った山口・福岡旅行の後編をご紹介いたします。前編は下記よりご覧ください。

スポンサードサーチ

絶品朝ごはんからスタート

ホテルの宿泊は朝食なしプランで予約していたため、、チェックアウト後、朝ごはんを食べにあるお店へ。

JR九州グループが運営する内野宿養鶏場生産の卵かけご飯が食べれるお店「うちのたまご」です。

博多駅ビル内「マイング」に入店しており、朝は「朝ごはん」のみの提供。

お店の椅子などは、、、どことなくあの(デザイナーの)匂いがしますね。

さて、「朝ごはん」(420円)です。新鮮な卵につやつやのお米、どこか懐かしい味のお味噌汁と質素のように見えてしっかりと朝から楽しめるようになっています。

卵は、、白身が黄色かかっていますが、、それ以上に卵黄がとてもきれい。
これを、卵かけごはんとして頂きます。時間がない人にも持ってこいなメニューですね。
ちなみに、日中は親子丼なども提供しているようですよ。

スポンサードサーチ

荷物を預けに、福岡空港へ

福岡市地下鉄「博多駅」から2駅5分で福岡空港へ行くことができます。中心部に近すぎる空港が故に、発着時間の制限や滑走路が1本など、、、ちょっと制限もありますが便利に越したことはないですね。

国内線では手荷物預け入れ時刻について特に取り決めはなく(航空会社にもよる)、空港カウンターにて手荷物を預けましたが、、チェックインは自分で4人目。。既に3名がチェックインしていることになり、、恐ろしさを感じつつ、次なる行動へ。

福岡市内の自然豊かな公園「大濠公園」へ

天候にも恵まれ、、、青空が池に反射しています。。
そんななか、訪れてみたかった場所が。

スターバックスコーヒー 福岡大濠公園店です。自然と調和するように作られた建物はおしゃれそのもの。ちょっと一息ついてから次なる旅へ。

スポンサードサーチ

筑肥線・今宿駅で撮り鉄

福岡市地下鉄と相互直通運転を行うJR九州の筑肥線でちょこっと撮り鉄。

日常的に走行している4車種を捕獲。
撮影後は一度改札を抜けて精算をしたのち、また戻ります。

ランチは、、鉄鍋餃子

餃子が大好物な筆者。ランチは天神の福岡PARCOにある「鉄なべ 福岡PARCO店」へ

ランチビールを頂き、、、、

ランチセットを注文し、餃子を待ちます。

注文を受けてから餃子を焼き上げますので、、時間がかかりますが、、一口サイズで食べやすい大きさ。鉄鍋ともあり保温性にも優れており冷めないうちに食べれます。

餃子で満足したあとは時間調整で博多駅周辺へ

スポンサードサーチ

アミュプラザ博多屋上の「つばめの杜広場」へ

「つばめの杜広場」には、「鉄道神社」なるものがあり、、

お参りをすることもできるようです。

九州鉄道建設の恩人、、ということで肖像画が飾られており、、
かたや浮かび上がっている九州の上を7人の子供が列車遊びしている姿も、、、

微妙ながら屋上からは発着する様子も眺めれたりもします。

ちょっと早めの晩ご飯

晩ご飯は、「博多一双 博多駅東本店」へ。

旅の最後は、、「とんこつラーメン」でシメです。

クリーミーなスープがおもったよりもあっさりしていて、好みは分かれるような味。
ちなみに筆者はにんにくが大好きなので、にんにくを入れてちょっとパンチを効かせました(^^;
あと、、、しっかりとビールも飲んでいます(^^;;

スポンサードサーチ

福岡空港でお土産購入とのんびりタイム

早めの晩ご飯のあとは早めに空港へ移動。
福岡市地下鉄の接近表示はJR発とかも出るんですね。

そして、乗車したのが、、、

あら、、地味にレアな303系やないですか。。
2駅とすぐの移動でしたが、、堪能して空港へ

お土産購入後は、、当然ラウンジでまったりします。
福岡空港のANAラウンジには、「モルツ」「黒ラベル」「一番搾り」「スーパードライ」と主要銘柄が取り揃えられていました。

そして、ANA272便で飛び立ちます。

機材は、B787。快適でいいですよね。

そして、あっという間に羽田空港に到着。
あっという間の山口・福岡2日間でした。。(笑)
もうちょっと福岡での計画を練ってしっかり行動しておけば、、と後悔しても意味がないので、次回こそいろいろと動けるようリベンジしたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました