スポンサーリンク

【グルメ 福岡県・福岡市博多区】 博多もつ鍋をおひとり様でも手軽に満喫できる「もつ鍋 田しゅう 博多」

グルメ

いつもご覧いただきありがとうございます。先日行った、山口・福岡旅行。どうしても食べたかったグルメの一つ、、「博多もつ鍋」。東京でも食べることができますが、グルメ通な方にいろいろ情報を仕入れていましたが、、もつ鍋でもオススメだったのが「田しゅう」。
そんなオススメなお店に行ってみました。

スポンサードサーチ

どこにある?

〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1
博多バスターミナル1F

天神に並ぶ大きなバスターミナル、博多バスターミナルの道路沿いに入居する「もつ鍋 田しゅう」です。

大きな提灯が店頭に出ています。。。ちょっと破れているのも味があっていいですよね。

さらに、店頭には「一人鍋できます。」と。おひとり様でも気軽に食べれるのがいいですよね。
博多駅や博多バスターミナルに近いこともあり、電車やバスまでの時間に使うことができそうですね。

スポンサードサーチ

この日頂いた料理

実は筆者、もつ鍋を食べるのは初めて。。写真で見たことしかなかったので、、、どんなものか楽しみにしていました。

まずは、大好きな「黒ラベル」で乾杯♪
お通しは「黒枝豆」でした。

「カリカリきゅうり」
上に香辛料とゴマがかけられており、さらにお皿にはラー油のようなものが、、、
辛いのかと思ったら、、全然辛くなくおいしく頂けました♪

「もつ鍋田しゅう 博多」のもつ鍋「味噌」味。写真は2人前

さて、先ほどの「カリカリきゅうり」を食べ終わりそうになる頃に、「味噌」のもつ鍋がやってきました。
お店の方曰く、4種の味噌をブレンドしたクリーミーな仕上がりに。
味噌と言うと赤味噌のような濃いイメージでしたが、ここはさっぱり。なんぼでも行けそうなお味でした。
上に乗っている新鮮なニラを沈めてしんなりさせれば召し上がれます。

お椀に盛り付けてみます。もうこれだけでおいしそうですし、いま記事を書いている段階でも「また、食べたい」と思っています。

さて、他にもお酒のアテを注文しました。

山芋スライス(梅肉添え)
普段山芋を好んで食べない筆者ですが、なんということでしょう(あの番組ではありません。)、スイスイと食べれちゃうんです、不思議なことに。
臭みはなく、ちょっとだけネバっとした触感がよりおいしく感じます。

「青じそ風味明太子」
明太子のピリっとした辛みに、青じそのツンとする風味、明太子が苦手な方にも食べやすい、そんな一品でした。酒のアテにもぴったりです。

さて、もつ鍋の追い野菜ならぬ「野菜セット」が来ました。
この「野菜セット」を入れてもう一度楽しめる、、、なんて最高に楽しめる鍋なんでしょうか。身も心も大満足です。

さて、シメは「雑炊」にしてみました。どうしても米も食べたくなって、どうしようか悩んだ挙句オススメされていた「ちゃんぽん麺」より「雑炊」にしてみました。
次回訪れたときは、「ちゃんぽん麺」にしてみようかと。

さて、「雑炊」もなかなか食べることがないので違和感もありましたが、味がよく染みた雑炊がまた身体に染みます。

まとめ

博多駅すぐ、博多バスターミナルの外の一角にある「もつ鍋 田しゅう 博多」。どれもハズレがない料理ばかりで堪能できました。
トイレが店内になく、遠い遠いバスターミナル内に行くことに。。。そこが難点ですがそれを凌ぐぐらい楽しめる料理の数々。
博多へ行った際には、行ってみてはいかがでしょうか。

〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街2−1
博多バスターミナル1F

タイトルとURLをコピーしました