スポンサーリンク

【千葉県・浦安市】三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ [テラス]

舞浜近辺(江東・新浦安)エリア

みなさんこんにちは。
東京ディズニーリゾート®周辺には多数のホテルが乱立しております。その中でも、東京ディズニーリゾート®「公式ホテル」「オフィシャルホテル」「パートナーホテル」「グッドネイバーホテル」と様々な種類も存在します。

「公式ホテル」はそのまま東京ディズニーリゾート®公式「ミリアルリゾートホテルズ」が運営するホテル(「セレブレーションホテル」は別会社)。パーク内で購入したお土産をホテルへ配送してくれるサービスがあったり、宿泊者限定予約特典を受けることができます。

「オフィシャルホテル」は、東京ディズニーリゾート®周辺にあるホテル。「ベイサイドステーション」からバスでアクセスするようなところが、「オフィシャルホテル」です。

「パートナーホテル」は、東京ディズニーリゾート®から少し離れた新浦安エリアに主にあるホテル。パークエントランス近くにあるバス乗り場からシャトルバスに乗って約15分前後で到着します。

今回は、東京ディズニーリゾート®の「パートナーホテル」である、「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」に宿泊する機会があったので、レポします。

スポンサードサーチ

どこにある?

〒279-0014
千葉県浦安市明海6丁目2−1

東京ディズニーランド®・バスターミナル6番乗り場より
「東京ディズニーリゾート®・パートナーホテル・シャトル(無料)」にて約15分
新浦安駅からは、
バスターミナルより「東京ベイシティ路線バス」
南口(バスターミナル側)「総合公園」行 約10分
→「三井ガーデンホテル」バス停下車 徒歩約3分
※利用の際は事前にお調べください。

スポンサードサーチ

ロビー

子供向けのスペース、「Kids Lobby」というスペースがあるのもこのホテルの特徴。
チェックインで待たせている間も子供を遊ばせれることができる考えられたスペースです。

東京ディズニーリゾート®「パートナーホテル」ですので、「Disney Fantasy」というお土産を購入できるショップも併設。
買いそびれたものとかをここで買うことができます。

外観

バス乗り場前から望むホテル。
非常に広々とした作りです。

スポンサードサーチ

今回宿泊したのは、「テラス」という4名の部屋

今回宿泊は「お部屋おまかせプラン」でした。「テラス」という1階の一部部屋に設定されているようです。
1階と聞くと、フロントロビーからのにぎやかな声が漏れてくる、、、そんな心配がありますがここはフロントロビーと自動ドアで仕切られています。
静寂性も考えられています。

まず、客室に入るとどん!っと壁面にハンガー掛けとスリッパ。

壁面端には、靴乾燥機も用意。レジャーにも優しい考えられた装備です。

すぐ横には、左からトイレ、ラゲージトレイ、全身鏡、洗面バスルームと並んでいます。

広々とした客室

入って、壁面にあるハンガー類を抜けると奥行きが広くとられた客室につながります。
天井の高さもさることながら、広々とした客室に驚きました。

ここ「テラス」という客室では、

大きな樹の下で大地の生命力を感じるお部屋です。

自然のおもむきを感じながら、童心にかえる楽しい時間をお過ごしください。

「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」の「客室」より引用

1階ならではの天井の高さを活かした形ですね。

ベッドの真向かいには、テレビや冷蔵庫といった、いつも通りの装備。
ちなみに、写真右手に写っているのはタオルハンガー。
「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」には大浴場があり、そこで利用したタオル類を掛けることができます。

ベッドは120 ×197cmのセミダブルタイプが4台並んでいます。
4名対応の部屋なので、館内着は各ベッドに置いてあります。

最近ありがちな枕元のこの装備。
AC100Vコンセントと、枕元灯のスイッチ。
グループ利用で周りが寝ていても自分だけ何か作業する、、読書する。そういったときにかなり使えますね。

スポンサードサーチ

テレビ・冷蔵庫・机周り

コンパクトに纏められていますが、、、しっかりと見ていきます。

冷蔵庫横には「Panasonic」の加湿空気清浄機。「F-VXS40」タイプです。
この加湿空気清浄機、コンパクトなのはいいですが、給水しにくいのが難点ですね。

テレビすぐ右側には、冷蔵庫の排熱の通気口とAC100Vコンセントが2口ありました。

冷蔵庫はTOSHIBA製。パーソナルタイプでどのホテルにもあるやつですね。

冷蔵庫の隣の引き出しには、ポット、マグカップとグラス、サービスの煎茶があります。

ポットなどの引き出しの下には、金庫も装備。新浦安エリアのホテルにはこの装備はありますね。

さらに左手、上段は宅急便の伝票、アースノーマット、宿泊約款とアンケート用紙。
1階のこの客室「テラス」はその名の通り、外のベランダのようなテラスに出ることができる、そんな部屋ですのでアースノーマットは理解できますね。

さらに下段にはレストランの案内とティッシュ。
ティッシュもホテルによって置き場所が異なるので、なんか統一してほしかったりしますが、、。

テレビの左側に館内電話と、アナログ目覚まし時計の用意が。
フロントへの質問に手持ちのスマートフォンからAIに問い合わせ、、、ちゃんとした答えが返ってくるのか心配ですが、少し時代を先取りしているような一面も。

エアコンは個別空調になっており、説明まで用意されています。優しい配慮ですね。

ちなみに、エアコンは吹き出し口下に直接当たらないよう配慮されていました。

くつろげるソファスペース

旅の疲れを癒すのに、すぐにベッドに行ってしまいがちですが、、、
ソファで旅の思い出を語らったりできるよう、ソファスペースがあります。
クッションも4人分で4つ。便利な装備ですね。

スポンサードサーチ

バス・洗面所・トイレ周り

トイレ

便座にはTOTOの温水洗浄便座「ウォシュレット」が採用されていました。また、端には子供用便座も用意されています。

右側にはタオル掛けがあり、ちゃんとタオルが掛かっていました。

洗面所

自宅もこんなに広かったらなぁ、、、と思うぐらいに広々とした洗面所です。

足元にタオル類の用意。化粧等をするにも便利なイスも用意されています。

こちらはアメニティ類。
歯ブラシやヘアブラシなどはもちろん、フロントに問い合わせることで化粧水・乳液・メイク落としなども貸し出しされているそうです。持ってくるの忘れちゃった!ってときに役立つ女性に嬉しいサービスですね。

ティッシュはコンパクトタイプ。ドライヤーはPanasonicの「EH-NE68(生産終了品)」が用意されていました。ちなみにドライヤーはパワフルな風量で必要十分な性能です。

ボウル周りでは、コップとハンドソープ、そして消臭スプレーの用意。

お風呂

洗い場付きのお風呂です。
バスタブは広く大人でもノビノビと過ごせます。
ただし、お湯と水はカランを回すタイプ。地味に難しかったりします。

洗い場には、イスと風呂桶が用意されています。
シャンプーは備え付けのものが用意。好みがあれば持参するのがいいですね。

スポンサードサーチ

ホテルWi-Fi

「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」には客室にLANのポートはなく、ホテルが飛ばしてくれているフリーWi-Fiが利用できます。

時間帯などにより混雑状況等が変わるので、一概には言い切れませんが、、
お世辞にもいいとは言えない数字。ちょっと遅いかな、、、程度です。

スポンサードサーチ

その他

館内設備として、廊下に自動販売機・製氷機・電子レンジの用意が。

自動販売機はアルコールも売られていて、非常に良心的な価格です。

東京ディズニーリゾート®へのシャトルバス

ロビーの玄関ドア抜けるとすぐにシャトルバスのりばがあります。

時刻表を見ると、朝は6時45分が始発便。ただ、混むことも予想されますので、早めに移動したい方はタクシーなどの検討もしたほうがいいかもしれません。

上の写真は1月の3連休の中日に利用したときのこと。
バスに乗るまでに30分ほど待った記憶があります。

このように、とてつもなく長い列。時間帯や曜日も関係ありますので注意が必要ですね。

スポンサードサーチ

まとめ

東京ディズニーリゾート®「パートナーホテル」の「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」。
パークへ直通する「シャトルバス」も無料で利用でき、子供向けの設備も充実。
ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか。

〒279-0014
千葉県浦安市明海6丁目2−1

東京ディズニーランド®・バスターミナル6番乗り場より
「東京ディズニーリゾート®・パートナーホテル・シャトル(無料)」にて約15分
新浦安駅からは、
バスターミナルより「東京ベイシティ路線バス」
南口(バスターミナル側)「総合公園」行 約10分
→「三井ガーデンホテル」バス停下車 徒歩約3分
※利用の際は事前にお調べください。

タイトルとURLをコピーしました