スポンサーリンク

JR四国 観光列車 2代目「伊予灘ものがたり」 キロ185・186形

JR四国

JR四国の予讃線のうち、松山~八幡浜間を走行する観光列車「伊予灘。初代「伊予灘ものがたり」の老朽化に伴い、2022年4月2日より2代目「伊予灘ものがたり」が運行を開始。広くなった車内と個室も新設されるなど、進化を遂げました。そんな2代目「伊予灘ものがたり」をご紹介します。

「伊予灘ものがたり」とは

松山から予讃線の海周り・通称「愛ある伊予灘線」:伊予長浜経由を通り伊予大洲・八幡浜まで向かう観光列車で、レトロモダンな車内でお食事を頂けるほか、車内より瀬戸内海を眺めることができます。

時刻表

画像クリックで拡大表示できます。

画像クリックで拡大表示できるほか、【こちら】からも拡大表示できます。

車内

1号車:茜の章 (あかねのしょう)

1号車には、「茜の章」なるものがつけられており、伊予灘を染めてゆく夕焼け空を思わせる茜色の車両。

乗車時のマットを敷くのも変わらずです。

向かって左側が海側となります。
車内に入ると、、、どこか懐かしい先代の「伊予灘ものがたり」を受け継ぎつつも、1人当たりの座席やテーブルの幅が広がった様子。

こちらは4名掛け。
以前は折りたたみ式だったテーブルも廃されて、デカいテーブルが広がっています。

こちらは山側2名掛け席。5°程度でしょうか…海側の景色が見やすいよう海側へ座席が振られているほか、見やすくなるよう高床式に。

松山方には1名用の横並びの席が5席用意されており、おひとり様での利用も考慮されています。

画像出典:JR四国「伊予灘ものがたり」公式ホームページ(https://iyonadamonogatari.com/about/)より引用

2号車:黄金の章 (こがねのしょう)

2号車「黄金の章」には、沿線に降りそそぐ太陽や、愛媛の名産であるみずみずしい柑橘をイメージした配色に。

「ものがたり車両」には珍しく(?)、日本語表記もあります。

2号車の「黄金の章」は、海側の座席はすべて横並びで、一部(12・13・14番)は2人での利用にピッタリな「ペアシート」に。

ペアシートといっても、間にはクッションがあり無駄にせり出したりしないようガードの役目も。

山側座席は1号車同様、海側に少し傾きがつけられています。

乗車時は、紙製のランチョンマットと持ち帰り可能なメニューとおしぼり、さらに新型コロナウイルス感染症対策の観点から情報記入用紙が置かれていました。

画像出典:JR四国「伊予灘ものがたり」公式ホームページ(https://iyonadamonogatari.com/about/)より引用

1号車・2号車ともに座席窓枠下部に「USBポート」(Type-A)が取り付けられており、モバイル機器の充電等ができます。

こちらは2号車のデッキ。

先代の「伊予灘ものがたり」にあった「俳句ポスト」や、伝言板記入用紙、さらに記念乗車証やスタンプなどが受け継がれており集約されています。

3号車:陽華の章 (はるかのしょう) [Fiore Suite ~フィオーレスイート~]

2代目「伊予灘ものがたり」がデビューするにあたって一番注目された車両がこちらの「陽華の章」。
1両まんまるが個室で貸切となる超贅沢な車両。8名まで対応するそうです。
この3号車「陽華の章」は、気品あふれるインテリアと、陽の光や桜小紋のデザインが散りばめられて温もりや安らぎが感じられる車両に。

2号車側からアクセスすると、のれんと気品高い仕切り戸があります。

仕切り戸、デッキを抜けるとギャレーへとつながるここのカウンターに立ち入れるのは個室券を所持した人のみ。

ちなみに、、、、ここに生ビールサーバーが設けられています。

このカウンターの向かい側に、初代「伊予灘ものがたり」ヘッドマークが埋められています。
どこか傷がある…それでこそ運行されていたものが移された証ですね。

ギャレー部横の通路を進んでいくと…

8名しか入れない1両貸切の個室となります。

半円形に近い8名用テーブルの中心部には鏡面仕上げで海や空が反射し、景色がよりきれいに見ることができます。
ちなみに、この窓側のカーテンは手動で開け閉めできないため、手元にあるリモコンで操作します。

テーブル上には、専用のランチョンマットに3号車「陽華の章」専用のガイドブックも。右上に見えているのはメニュー表です。メニューについては後述いたします。

テーブルの下部には、

足置き兼荷物置場があり、こちらは土足厳禁です。

テーブルには…「A」「B」「C」「D」「E」「F」「G」「H」が振られており、団体等でどこに座るか…となったときに案内しやすいよう考慮されているようです。

個室の入口側には、クロークがあり、

ハンガーのほか大きな荷物を置くこともできます。

ちなみに、、、ここ3号車「陽華の章」のみ、USBポートのほかAC100V電源コンセントもあります。

トイレ

トイレは、2号車の松山寄りと3号車の八幡浜寄りに計3か所あり、うち1か所は女性専用となっています。

こちらは、車いす対応トイレ。

陶器に砥部焼が使われており、きれいな絵柄が描かれています。

車いす対応トイレのみ温水洗浄便座「ウォシュレット」が装備されており、他の2か所は保温便座の「ウォームレット」が装備されています。

こちらは、3号車にある男女兼用トイレです。こちらにはウォシュレットはありません。

車内販売メニュー

2022年5月27日乗車時のメニューです。

画像クリックで拡大表示できます。
画像クリックで拡大表示できます。

3号車「フィオーレスイート」限定メニュー

  • スペシャルドリンク「ラ・フィオーレ」 900円
  • 限定ワイン「コート デュ ルション ヴィラージュ トータヴェル クロ ド ヴィーニュ2014」 5,000円
  • 限定日本酒「京ひな 五億年 純米大吟醸」 5,000円

記念乗車証・伊予灘ものがたり 伝言板

自分で押すスタイルですが…日付は好みでしょうか…。

さらに、「伊予灘ものがたり 伝言板」もあり、記入すると車内で読んでいただけるサービスも。
ひとりひとり、思いを持って乗車されてるんだな…と温かい気持ちになります。

2代目「伊予灘ものがたり」で楽しいものがたりを

2022年4月2日より運行を開始した2代目「伊予灘ものがたり」。より快適になった車両で新しい楽しいものがたりを紡いでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました