スポンサーリンク

JR北海道 「ノースレインボーエクスプレス」 「ニセコ」キハ183系5200番台

JR北海道

JR北海道が1992年より運用をしている「ノースレインボーエクスプレス」。リゾート気動車として活躍していますが、キハ261系「はまなす編成」の登場・運用開始により置き換えが予定されているようです。

置き換えが予定されていましたが、2021年夏は特急「ニセコ」号として、札幌~函館間を小樽回りの山線経由で運行が決定しています!

外観

ハイデッカー構造になっており、北海道の雄大な景色を楽しむことができるようになっています。

車両には、ロゴもあしらわれています。

臨時列車設定のたびにシールが貼られるJR北海道はちょっと拘りどころが凄いです。

車内

ハイデッカー構造で、天井付近にまで窓が配置されています。

札幌~網走間の「流氷特急オホーツクの風」で運転のときは、この液晶テレビで映画などが流されているようです。

座席は、時代を感じる肉厚のリクライニングシートが並んでいます。

座席には、オーディオ設備がついていますが、今現在では使用されているような雰囲気はありません。

強引に流せるような放送設備も客室内にありました。

先頭車両最前列だと、前面展望が楽しめます。

車内には、LED式の情報装置が備え付けられており、次の駅等の案内があります。

3号車・ラウンジ

3号車には、自由に寛げる「ラウンジ」があります。

特に車内販売があるわけではありませんが、のんびりとくつろぐことができます。

お手洗い

洋式トイレが設置されています。

手洗いとハンドドライヤーが設置されていますが、ハンドドライヤーは新型コロナウイルスの影響で停止されています。

運転台

先頭車両には、運転台が設置されていますが、ちょっと古さを感じさせる運転台です。

座席表

特急「ニセコ」号での運用時、函館行きは先頭車両は5号車、札幌行きは先頭車両が1号車になります。

タイトルとURLをコピーしました