スポンサーリンク

【千葉県・浦安市】東京ベイ東急ホテル [パークビューラージツイン -KAZE-]

舞浜近辺(江東・新浦安)エリア

東京ディズニーリゾート®の滞在に便利な新浦安ホテルエリアにある「東京ベイ東急ホテル」
東京ディズニーシー®や東京ディズニーランド®からもシャトルバスが出ていて便利ですが、そんな「東京ベイ東急ホテル」にはさまざまなタイプの客室が用意されています。
今回はそのうちの一つ、「パークビューラージツイン-KAZE-」というタイプの客室に宿泊してきましたので、レポします♪

以前の記事はこちらからご覧になれます♪

スポンサードサーチ

どこにある?

〒279-0013
千葉県浦安市日の出7丁目2−3

アクセス

東京ディズニーリゾート®よりシャトルバス (約20分~約30分)
新浦安駅からシャトルバス(約10分)
こちらの新浦安便は、本数が少ないので要注意。。。
新浦安ベイエリアへのアクセスって、正直微妙なところですよね。。。
あとは、東京ベイシティバスの路線バスを使うなど、、、
ちなみに、駐車場完備でクルマでも行くことができます。

その他、詳しいアクセスは、、、こちらをご覧ください。

スポンサードサーチ

今回宿泊したのは、「パークビューラージツイン -KAZE-」

いろいろなタイプの部屋が用意されていますが、今回宿泊したのは、「パークビューラージツイン -KAZE-」というお部屋です。
今回3名での宿泊のため、エキストラベッドにて対応。そのため一部仕様が異なる可能性があります。

ベッドルーム

こちらの部屋は、エメラルドグリーンを基調とした配色で、入った瞬間から爽やかな雰囲気です。

上の写真にもありましたが、クッションはエメラルドグリーン。

こちらのエキストラベッド部分には、クッションはありません。
しかし、ヘッドボードのコントロールパネルなどの操作はしやすいように工夫されているようです。

こちらは、ヘッドボードにあるコントロールパネル。
入り口と部屋の照明スイッチのほか、ヘッドボード部分にあるランプの調整もできます。
また、USB5Vが装備されています。

コントロールパネルのある上部には凹みがあり、スマートフォンなどを置くこともできそうです。
また、サイドにAC100V電源もあるので電源には困らないかと。

廊下

入り口からベッドルームまでは広くとられており、写真向かって右手は水回り。
左手が、クローゼットと大きな鏡があり、女性の方はこのような場所でお化粧をすることができそうです。

スペースが余ったのか、こういう設計なのか、、、、
大きな鏡と机が配置。朝支度には便利なものですね。

扉のない、広々としたコート掛け。
コート掛けのほかに、子供用の踏み台、ラゲージトレイ、スリッパ等が用意されています。

スポンサードサーチ

ベッドルーム・その他

お部屋に入り、奥の窓側には小さなテーブルとイスが用意されています。
ここで旅の疲れを癒し、お酒を飲みながら思い出話などを語らうのにはピッタリですね。
ですが、、、ちょっと座面高とテーブルの高さがアンバランス。。。
まぁ、簡易的っちゃ簡易的な場所なので、、、、、

ある意味おなじみとなりましたテレビボード部。
奥は冷蔵庫、真ん中にテレビ、手前側に加湿空気清浄機と靴乾燥機が用意されています。

奥にある冷蔵庫の棚はこちら

上面には、サービスの2Lミネラルウォーター、ティッシュ、アクセサリー置き、鏡が用意されています。
「東京ベイ東急ホテル」ではどの部屋にも「ミネラルウォーター」がサービスで提供されています。
アクセサリー置きも、あれば便利な装備。こういう気遣いがありがたいですね。

扉を開けると、冷蔵庫、サービスのコーヒーとお茶、さらには金庫が用意。
誰か友達と宿泊したときや就寝時、貴重品から目を離すことになるので、あれば便利ですね。

机の天面には、AC100Vのコンセントと、LANポート。
ビジネス利用はそうそうないでしょうが、LANポートを必要とするときや、小型のルーターを持参したときには便利な装備です。

机の隣には、Panasonicの加湿空気清浄機、また靴乾燥機が標準で装備されています。
ホテルの客室はどうしても乾燥しやすいので、加湿空気清浄機があれば安心ですね。
また、雨の日に靴が濡れてしまったときに便利な靴乾燥機。
こういった装備がうれしいですね。

水回り

入り口のドアすぐそばには、トイレ、その隣に洗面脱衣所、お風呂場と続きます。。

トイレ

トイレの壁紙も緑色に、、、、
そして、TOTOのウォシュレットが装備されています。

洗面所

清潔感のある洗面所。ボウル周りは大理石でしょうか。

こちらはアメニティ類。
ヘアオイルや、フットケア用品など、様々なものが用意されています。

ヘアドライヤーは、Panasonicのionity「EH-NE48」です。風量十分でイオンも出るドライヤーですね。

バスルーム

以前の記事にもありますが、洗い場と湯船があるタイプです。
非常に広々としております。

この写真を見るからに広々としたバスルームが広がっています。

洗い場には、湯桶とイスが用意されています。
湯桶があると、ボディタオル(アカスリタオル)などを洗うときに便利なのですが、土台がない。。。。
なので、少し使いにくいかなと感じました。

スポンサードサーチ

まとめ

近年のホテルらしく非常に使いやすく設計がなされているな、と数回泊まるとより感じます。
舞浜・新浦安エリアでは、近年ホテルが乱立しており、駅チカやリゾート近くのホテルはリニューアル等で対応しているなか、アクセスは正直いいとは言えないですが、非常にきれいで快適に過ごせます。
前回の記事を参考に、ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか。

〒279-0013
千葉県浦安市日の出7丁目2−3

タイトルとURLをコピーしました